COMPANY

会社情報

MESSAGE
代表挨拶

ダイネツ商事株式会社
代表取締役

プロフィール

昭和51年 3月 関西大学工学部金属工学科卒業
昭和51年 4月 河本鉄鋼株式会社
昭和59年 11月 ダイネツ商事株式会社設立 代表取締役就任
昭和60年 11月 ダイネツ鋼板株式会社 代表取締役就任
平成 3年11月 株式会社ダイネツ 代表取締役就任
平成 8年 4月 三洋金属熱錬工業株式会社 代表取締役就任
平成 18年 5月 三洋金属熱錬工業株式会社 代表取締役会長就任
平成 26年 10月 株式会社ダイネツ 代表取締役会長就任

PHILOSOPHY
経営方針

  • 見直そう、設備と作業の安全を
  • 努めよう、地球に優しい環境を
  • 考えよう、ニーズに合ったコストと品質

原点としては文化10年に鍛冶炭問屋『葛籠屋(つづらや)』として創業したことが始まりです。
現在では一般熱処理を担う㈱ダイネツ、自動車関連部材を主として熱処理する三洋金属熱錬工業㈱、鋼板を加工販売するダイネツ商事㈱の3社で事業展開しています。

熱処理加工で扱っている金属は特殊鋼になります。今後を見据えた場合、特殊鋼のみに特化するリスクを回避するため、普通鋼に目を向け鋼板の販売・加工に事業展開するために、商社としての機能を有するダイネツ商事㈱を設立しました。

設立後は加工・梱包し客先まで配達し拡販に繋がるように、どんな細かな仕事でも受け対応しました。その地道な活動が徐々に評価され、住宅関連部材の商圏を獲得。高度なユーザーニーズに応えるため、技術・サービス・バックアップなどの総合力を磨いてきました。

しかし利益を追求するだけでは現在のダイネツは存在していません。
地域に密着・貢献してきたからこそ、どんな時代の荒波も乗り越えてきました。今後もダイネツを応援してくれた方のご支援に応えるように歴史に名を刻むような仕事をしたいと考えています。